フリードのハンドルが重くなった原因 交換費用は?

フリードの外観って、いたって普通ですよね。

大き目の駐車場に止めてしまうと、
どこに止めたのかわからなくなってしまうほど。笑

インテリアも悪くない、というレベルで、
可もなく不可もなく。

高級感があるわけじゃないし、かといって、
安っぽい感じがするわけでもない。

ただ、収納面に関しては、不満を感じることが多く、
たとえば、助手席のインパネアンダーボックスを補うために、
100均でセンター足元用に小さなケースを追加するなど、
いろいろ工夫をしました。


別に車が好きなわけじゃなくて、
単なる移動手段としか考えいない自分にとっては、
フリードくらいのスペックで満足できてました。

燃費も悪くないので、経済的な車だと思いますが、
ハンドルがメチャクチャ重くなったときには、
これって、けっこうヤバイこしょうなんじゃないの??と、
さすがに焦りを感じました。


このブログでは、その時の様子をまとめています。


重くなったハンドル修理のために、
余計なお金を払いたくな人は必見です!


■ハンドルが重くなる原因

ハンドルが重くなる原因は
主に3つに絞り込むことができます。


1.電気系統の故障

バッテリー電力でパワステ操作を補助しているモデルがあり、

電動モーター
ECU(コンピューター)
トルクセンサー

のいずれかに
問題が発生している可能性があります。


2.オイル漏れ

エンジンのパワーを利用して、
ハンドル操作を補助しているモデルの場合、
ステアリング部分のオイルが漏れて、
油圧が逃げている可能性があります。



3.パワステギアボックスの故障

ステアリング操作をタイヤに伝える為の部品。

いくつかのギアがかみ合うことで、
ステアリングの回転に合わせて、
車輪の向きを変えています。

ギヤ同士がこすれて摩耗するため、
経年劣化しやすい場所でもあります。




■修理費用

オイルが漏れている場合、車体の下に、
水ではない液体が垂れているはずです。

オイルがどこから漏れているのか、
すぐに特定ができればよいのですが、
複数個所から同時に漏れている可能性もあります。

またオイルが漏れてしまうことによって、
金属部品がこすれやすくなりスラッジとい
金属粉が発生していると話は厄介です。

スラッジがオイルと混ざることによって、
ヘドロのようにドロドロになってしまい、
ステアリング部分全体の洗浄が必要になります。


かなり大掛かりな修理になってしまうので、
工賃だけでも6万円以上かかる可能性があります。

1時間当たりの工賃を休めに見積もって、
8000円として、作業に8時間がかかると、

8時間X8000円 = 64000円

ここにさらに部品交換が加わるようになると、
部品代も追加されることになります。


参考までに、ステアリング周りの部品代の
一般的な価格を上げると、

パワステオイル 2000円弱
パワステギアボックス 10万円前後!
ECUコンピュータ 8万円前後
パワステポンプ 4万円前後

といった価格になるので、
抜本的に症状を治そうと思ったら、
10万円以上かかる可能性があります。



かといって、放っておくのは危険です。

金属部品の摩耗が進んでしまうと、
しまいにはギアが全くかみ合わなくなり、
ハンドル操作が全く効かなくなります。

しかも、ハンドル操作が不能になる状態が、
いきなり現れる可能性もあるので、
早目の修理が必要です。




■車の現在価値を知っておこう

修理にかなりのお金がかかるので、
ここでぜひ考えてもらいたいのが、

・修理して乗り続けるのか?
・買取してもらい、新車購入資金に充てるのか?

です。

いずれにしても、まずやるべきことは、
車の現在の値打ちを知ることです。


仮に5万円の価値しかなかったとして、
10万の修理代を払ったとしても、
車の価値に10万円がプラスされて、
15万円にアップするわけじゃありません。


それならば、修理代10万円に加えて、
車の売却価格5万円をプラスした15万円を、
新車購入の資金に充てたほうが、
合理的じゃないでしょうか?


愛車の価値を正確に知るためには、
とにかく1社でも多くから見積もりを
取り寄せることです。

買取業者によって強み・弱みがあり、

・特定車種を再販するルートを持っている

・他社が査定ゼロでも部品を売れる

・スクラップにして鉄として売る

などなどの違いがあるんです。


10年経過・10万キロ以上の走行でも、
安い業者と高い業者で査定価格に、
10万万円以上も差が出るケースは
珍しくないんです。





■一括見積するのに便利なサイト

複数の業者に見積もりをしてもらうために、
自分の足でわざわざ探し回る必要はありません。

複数業者へ無料で一括見積を出せるサイトがあるので、
このサイトに簡単な情報を入力すればOK。

1.メーカー
2.車種
3.年式(多少ずれていてもOK)
4.走行距離(多少ずれていてもOK)

などの情報を入力するだけで良いので、
スマホでも1分で済ませることができます。


車の価値が良くわかっていないと、
整備業者に足元を見られてしまい、
余計な修理まで追加されかねないので、
修理に出す前にしっかり把握しておきましょう。
↓↓↓












フリードと自動車保険のクーリングオフ

現代では、消費者はかなり保護されているといっても過言ではありません。昔ながらの訪問販売においても、万が一買わされたとしても、契約から1週間程度であれば、クーリングオフをすることができます。
では、自動車保険の場合には、クーリングオフが適用されるのでしょうか。もちろん、クーリングオフをすることができます。お客に安心してご契約いただけますよう、基本的にインターネット、携帯電話での契約には「クーリングオフ制度」を設けております。
ただし、契約の解除というのは、どんな業界においても手続きが面倒なもの。逆に言うと、契約の解除手続きが面倒だからこそ、契約は慎重に行うべきなのですが。
では、契約者はどのような手続き方法にしたがって、「クーリングオフ」の申出をすればいいのでしょうか。
クーリングオフの申し出は、書面(ハガキまたは封書)が必須です。ファックスや電子メール、電話などでは受付をすることができません。その書面に、署名と捺印をした上で郵送しましょう。では、書面にはどのようなことを書けばいいのでしょうか。まず表面には、当然ですが保険会社の住所や名前を記入します。裏面にはどのようなことを記入すればいいのでしょうか。まずは、自動車保険契約をクーリングオフします、という旨の文言を入れます。次に、契約者の郵便番号や住所、そして電話番号を記入します。次に、契約者のフルネームを記入し署名と捺印をします。 そして、保険証券の番号と保険証券の受取日を記入します。最後に、保険料返戻口座を記入します。なぜ銀行口座情報が必要なのかというと、保険の金額がこの銀行口座に戻ってくるからです。
銀行名はもちろんのこと、支店名に預金種類、口座番号と口座名義を記入しましょう。
この際に気をつけなければいけないのは、必ず契約者本人名義の銀行口座を指定しなければならない、ということです。
後日、クーリングオフの受付後に保険会社から返信用封筒が送られてきます。その返信用封筒に、保険証券を入れて返送すればいいのです。返送された保険証券が届いたら、申込み(契約)の撤回、解除を行うことができます。
「クーリングオフ」の申出があった場合には、すでに支払いいただいた保険料を速やかに返戻いたします。
このように、別にクーリングオフをするからといって、引き止め工作があったりするわけではありません。
基本的には、クーリングオフに対しても、自動車保険会社はスムーズな対応をしてくれますよ。